下関市の洋菓子店パティスリー レ・サンク様の撮影。

下関市の洋菓子店パティスリー レ・サンク様の撮影。

こんにちは(・。・)
今回は下関市長府にありますパティスリー レ・サンク様の撮影です。こちらは2号線から1本入った道沿いにある洋菓子店(※現在イートインはできません)。駐車場が2台と大きなお店ではないかも知れませんが、夫婦で営む地域密着型のケーキ屋さんという印象で、ロールケーキをメインに焼き菓子・プチガトーなどが店内に並びます。

内容はホームページに使用する写真がメイン。基本は白背景で撮影し、サイトに商品が陳列することからややカタログっぽくなるかと思います。あとは商品のイメージカット。最近はスマホで綺麗な写真を撮ってインスタにアップしている方も多いですから、そんな方達に負けないように撮らないといけません。

お店はこんな感じ。





外観と内観。ケーキをモチーフ?とした可愛いロゴが素晴らしい。「les 5 sens〜レサンク」の意味を聞くのを忘れちゃいまして、検索すると「5つの」みたいなことが書かれてました。こういった店舗はオーナーの趣味が色濃く出るので、店内の装飾とか小物とかそのへんを観察するのが楽しいです。

私も大の甘党なのでそれなりにカフェや洋菓子店は行ってますけど、ケーキを食べに下関まで来ることは少ないのでこちらのお店の情報はゼロ。ググったりインスタで検索した限りだと、プリンロールとモンブランの評判が良いのかなと思いました。ただ最近は鬼滅の刃など流行りのキャラケーキの問い合わせも多いみたいです。

ケーキはこんな感じ。


スイーツの撮影は食器やフォークなどの小物の雰囲気作りが大切です。カメラマンもただシャッターを押すだけではなく、テーブルフォトだとコーディネート力も必要になりました。私の場合はあえてケーキを端に置いてフレームから切ったり、小道具の選定と発注に1日かけたりします。今回は楽譜やドライフラワーとドライフルーツなどを用意してます。

ライティングはやや真横から1つだけ。手作りのスタイリングボードを敷いて、手作りのレフ板をサイドに置いてます。使用したカメラはソニーのα7R4。商品によってレンズは変えてますが、上記の写真はシグマの135mm単焦点を使用しました。背景はけっこうボケてますけど絞りは8くらい。そんな設定です。

以上、下関の洋菓子店レ・サンク様の撮影でございました。
■レ・サンク
■山口県下関市長府中土居北町1−4
■083-246-1900
駐車場はお店前に2台ありますが、目の前の道はそこそこ車通りが多いので気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)