下関市のAKAMA布久亭(ふくてい)さんの撮影。

下関市のAKAMA布久亭(ふくてい)さんの撮影。

こんにちは(・。・)
先日、下関市にありますAKAMA布久亭(あかま ふくてい)さんを撮影させていただきました。こちらは地元で有名なふぐ・あんこう料理のお店「旬楽館」の2号店として赤間神社の向かいにオープン。窓からは関門海峡の絶景が広がり、ランチは海と空のコントラスト、ディナーは夜景とともに料理を楽しむことができるお店です。

まだ開店して間もないのでネット上にも情報は少ないですが、ランチがだいたい3000円前後、ディナーが6000円~くらい。ちょっと贅沢なランチだったり、会社の方は接待だったり会食だったり。地酒や地元食材も多いので、県外から観光にいらした方も利用して欲しいお店です。

ちなみに布久亭の「ふく」とは河豚のことなんですけど、平安時代の古い書物には河豚のことを「布久」と記述されていたそうで、そこから店名がきています。どうやら昔は布をあてて暗所でふぐを保存したり、国や文化によって呼称や諸説あるみたい。

メインはやはりフグ。



撮影したのはコース料理と単品を数品。私はアシスタントもいないのでいつも1人で撮影していますが、当日は料理人の皆さんも撮影に加わってくれて、あーでもないこーでもないと楽しく撮影することができました。基本的に撮影に関しては私が主導権を握るかも知れませんが、1人で撮影を進めるよりも、色んな方の意見があった方が良い写真が撮れる確率が高くなる・・・ような気がしてます。

この日に使用したレンズはタムキューのみ、ライティングは天トレ+ソフトボックス+アンブレラ。ただいつも使ってるipadの調子悪くて、カメラと接続できずにデザー撮影ができませんでした。トラブルというトラブルではありませんが、このへんを安定させないと。写真が撮れるだけでは全然ダメですからね。どうしたらいいんだコレ。

続いて単品で撮影。




上記の写真はコースの中の1品なので単品注文はできないかも知れませんが、私のおすすめは「白子グラタン」です。以前に旬楽館さんで撮影させていただいたときめっちゃ美味しそうでした。ちょっと味見していいですか?の一言が言えませんでしたが、あれは間違いないと思います。

さてさて、外観と内観は今回撮っておりませんが、店内は旧店舗からリノベーションしているようでオシャレな空間。少し敷居が高いと感じる方もいるかも知れませんが、スタッフの皆さんは気さくで話しやすい方ばかりでした。ちなみに布久亭のロゴマークは有名な山口県出身のデザイナーさんが考えたもの。なんだか全てが細部までこだわっているなという印象を受けたお店でした。

■AKAMA布久亭
■山口県下関市阿弥陀寺町7-8
■定休日:月曜日
■ランチ 11:00~15:00(火~日・祝)
■ディナー 17:00~22:00(火~土)
■駐車場:有
■キャパ:60人
■完全禁煙
■ホームページはコチラ ⇒ クリック

下関市の唐戸市場やカモンワーフであれば徒歩数分で行ける距離です。「下関 ふくてい」で検索いただければホームページや食べログなどのサイトも見れると思いますので、宜しくお願いいたします。事前予約が必要なコースもありますので、来店前にお問合わせくださいませ。

※掲載写真は全て私が撮影したものですが、布久亭の店長さんに許可をいただきアップしております。無断転載等はご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)