周南の観光ガイドブック「しゅうなん散歩」刊行されました。

周南の観光ガイドブック「しゅうなん散歩」刊行されました。

こんにちは(・。・)

H31の3月23日にネコパブリッシングさんより周南市の観光ガイドブックである「しゅうなん散歩」が刊行されました。今まで山口県の観光雑誌は何冊もありましたけど、周南市に特化というかフォーカスした観光ブックはなかったようで、初の試みだそうです。周南市民は再発見、市外や県外の方には新発見になる観光ブック。主にカフェ・レストラン、神社や観光地等が紹介されてます。

で、私はしゅうなん散歩の中身と(周南観光課の提供もあります。)表紙の撮影を担当させていただきました。山口県内はどこでもそれなりに詳しいと思ってましたけど、知らないお店が意外と多い。周南で飲みに出ることが少ないのでBARや小料理屋などは新しい発見ばかりでした。仕事とはいえ、めっちゃ楽しかったです。

現在は周南市だけで販売。

※写真は徳山駅前図書館で撮影したものです。館内は基本的に撮影NGですが、事情を説明しスタッフ同伴の元で特別に撮影許可をいただいております。

徳山駅前図書館の蔦屋書店、そして周南市内の宮脇書店、明屋書店、明林堂書店、TSUTAYA、イオンタウンなどで購入できるそうです。ネットだとアマゾンでも買えます。お値段は600円とお手頃。しばらく書店で眺めてましたけど、けっこう手に取る人が多かったです。ありがとうございます。

さて、今回の撮影で色んなお店を回らせていただきましたが、個人的に印象に残ったお店をいくつかご紹介させていただきます。

ジェラテリア クラキチ



まずはジュラテリアクラキチ(Gelateria Kurakichi)さん。こちらは徳山駅から徒歩3分の銀座通りにあるジェラート屋。黄色い壁なのですぐに分かると思います。名前の由来は代表の藤井さんのひいひいおじいちゃんの名前から来ているそうです。ちなみに表紙のカフェに座ってる女性はクラキチさんのスタッフ。

メニューは生乳100パーセントの朝搾りミルク、周南の高瀬茶を使った抹茶、あとは季節によって変わりますけどブルーベリーとかピスタチオとかとか。私は大の甘党なのでベーシックなミルクと抹茶をいただきまして、これめっちゃ美味しいです。自然な甘さや渋みを感じました。藤井さん曰く「素材の甘さで商品を作りたい」。素晴らしい。

■ジュラテリアクラキチ
■山口県周南市銀座1−28
■11:00~19:00(たまに深夜も)
■定休日:月曜日


ミルトンコーヒーロースタリー



続きましてミルトンコーヒーロースタリーさん。こちらはカフェでもありコーヒー豆販売店でもあるお店。わざわざ海外まで足を運び豆を厳選し買い付けてくるというガチっぷり。コーヒー豆の商社?貿易商?といっても過言ではない。とにかく豆には超こだわってます。

正直に言うと、私はカフェは好きなんですけどコーヒーは普段ほぼ飲みません。なので微妙な味も分からないし、他のコーヒーとの比較することはできません。ただ私がミルトンさんで感じた印象は、スタッフの皆さんがとても明るいということでした。皆さんに会うだけでも行く価値があると思います。

■ミルトンコーヒーロースタリー
■山口県周南市花畠町1-1
■10:00〜18:00
■定休日:木曜日
■豆の全国発送可


以上、どちらのお店も掲載許可済みでございます。もし周南に行かれた際は足を運んでみてください。ついでにしゅうなん散歩も買っていただけると幸いでございます。宜しくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)