雨の日の撮影に興味があるモデルさんへ。

雨の日の撮影に興味があるモデルさんへ。

撮影6-1

こんにちは(・。・)

このページは連絡事項というか注意事項というかそんな感じになっております。最近ですね、雨の日の撮影、つまり雨ポートレートに興味があるモデルさんが多くなってきてまして、メールでもツイッターでも「雨いいっすね~」みたいな声をいただくことがあります。

で、何が言いたいかというと「けっこう大変っすよ?」ってこと。写真だけ見ると何だか手軽に撮れそうな気がしますけど、撮る側はもちろんモデルさんも普通に濡れます。モデルさんへ負担をかけないよう普段からセルフポートレートで練習しておりますが、そのときは普通に上着や靴、パンツまでビショビショになります。

撮影6-2

こんな感じで傘をさしても撮れますけど、「私絶対に濡れたくないので傘さしま~す」って方と、「全身ずぶ濡れになっても大丈夫です!」って方がいるとすると、やっぱり撮りたいモデルさんは後者なんです。なんかモデル魂というか根性というか、そんな気持ちの方だけにしたいと思ってます。けっこう撮るの大変なので・・・。

・大変でも頑張りまーす
・寒くても我慢しまーす
・下着まで濡れても問題ありませーん

雨撮影に関しては↑の方だけでお願いします(汗

大変だけど綺麗に撮れます。

撮影6-3

色々と書きましたけど、雨天では上の写真のように「写真でしか味わえない」ようなものが撮れます。肉眼ではこうは映らないはず。ちなみに合成などはしてませんし、レタッチもコントラストを軽く触る程度。カメラ側とストロボ側の調整でこんな写真になります。

今まで何人か雨の日に撮影しましたけど、濡れたとは言えなかなか評判は良かったです。山口県にも雨天を好んで撮る方もほとんどいないんじゃないですかね。機材も濡れていつ壊れるか分からないし(雨ポトレの練習中に今まで2つほどストロボが壊れました)、ある程度は訓練しないと撮れないし。

ということで、雨の撮影を希望のモデルさんは「けっこう大変なんだぁ~」ということを覚えておいて、その上で依頼して下さい(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)