紅葉にスポットライトをあてて撮ってみた。

紅葉にスポットライトをあてて撮ってみた。

撮影3-1

こんばんわ、涼太です(・。・)

今日はちょっと面白い撮影を試みようと
紅葉にスポットライトをあてて撮りました。

スポットライトと言っても、ストロボに
ハニカムグリッドを装着しただけだけど。
ライティングもめっちゃ簡単です。

撮影3-2

撮影3-3

ライトスタンドの角度を変えて
ピンポイントであたるように調整。
ストロボの光量は16分の1くらい。

あとはF値を調整して、ストロボが
あたっていない箇所が暗くなればいい。

ただ、単純に絞っただけでは立体感がない。
やはり開放で撮った方が立体感がでます。
しかしF値を2などにすると、周囲も同様に
明るくなってしまうという難点があります。

そこで役立つのがNDフィルターです。
よく滝の撮影などに使われますね。
僕が使用したのはND16のやつ。
これをレンズに装着して撮影してます。

撮影3-4

こんな風に日中でも面白い写真が撮れます。
慣れてる人にとっては当たり前でしょうけど
僕にとっては新鮮というか、面白いです。

山口県の紅葉はこれから本番ですけども
秋の終わりが何となく表現できればOK。

ちなみにレンズはシグマのアート50mm
シャッタースピード=1/200
ISO=100
絞り値=2
で撮影しております。

色々と応用ができそうだと思いました。
季節の花はもちろん、大きなグリッドにすれば
ポートレートにも向いてそうですね。

(・。・終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)