焼野海岸の夕陽を背にポトレ撮ってきたよ。

焼野海岸の夕陽を背にポトレ撮ってきたよ。

こんにちは(・。・)

今日は山陽小野田にあります夕陽が綺麗なスポット「焼野海岸」にてポートレートを撮影してきました。まぁここはいつも来る場所なんですけど、雲の動きや形が毎回違って面白いし、広くて人もさほど多くないので撮影には向いていると思ってます。

ポートレート51-1

今回の撮影は7月に依頼があったのですが、なんやかんやで遅くなったこちらの女性。写真で伝えることはできなかったけど美人で長身でスタイルがいいと非の打ちどころがない。しかもコミュ症の欠片もなくよくしゃべってくれる。

最も印象が強かったのは「眼」なんだけど、夕日を背景に撮って欲しいとのことなので残念ながらアップの写真は撮ってない。ただ僕の脳裏にはしっかり焼き付けました。これで2度と忘れることはない(笑)

ポートレート51-2

上の2枚は夕日が落ちる前、海の水面がキラキラと光ってたのでそのまま背景にしました。タムロンの望遠レンズを使い、焦点距離を最大(300mm)まで伸ばして撮ってます。個人的にはいい感じに玉ボケができてるような気がする。んで夕陽に溶け込む感じにレタッチしました。

手に小さな花束を持ってますね、これ実は1000円もしたんですよ。最近気づいたんだけど、小道具とか衣装代とか、ロケハンに行くガソリン代とか考えると1度の撮影にけっこうお金かかってるな。

本日のベストショット。

ポートレート51-3

日が沈むにつれて雲がいい感じになってくれた。空をがっつりフレームに入れるべく愛用の18-55mmの激安ズームレンズの登場だ。モデルさんには「この空は全て私のもの」的なポーズをとってもらいました。

なんだかこうゆう写真を見せると「めっちゃ加工してるやん」って声もなくはないんですが、カメラとストロボの設定で加工なしでも全然撮れます。モデルさんには撮ったすぐの写真を見せてますので、この人だけは知ってるはず。まぁコントラストはやや上げてますが。

と言ってもホワイトバランスの調整と、ストロボの光の工夫だけなんですけどね。大した技術じゃないです。誰でも簡単に再現できると思います。

最後は名月を手に。

ポートレート51-4

この日はたまたま名月ということで、望遠レンズの特性である「圧縮効果」を使って月を手のひらにおさめてみました。月のクレーターが見えないのでただの丸い照明になっちゃいましたけど、まぁこれはこれで面白いかな。これまた誰でも撮れるけど(笑)

以上、風景をがっつり入れた撮影は運にも左右されるんだけど、この日はなかなかいい写真が撮れたと思ってます。お世話になったモデルさん、ありがとうございました。また撮影ご一緒できたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)