小野田でお祝い夢花火を撮ってきた。

小野田でお祝い夢花火を撮ってきた。

イベント4-1

こんにちわ、涼太です(・。・)
今日も見てくれてありがとう。

本日はですね、山陽小野田市で季節外れの
花火大会が行われまして、行って来ました。

その名も「お祝い夢花火」

普通の花火大会と変わったことがあり
協賛金を支払うことで、個人への
メッセージを伝えることができるのだ。

例えば両親などお世話になった方々へ
「いつもありがとね~」みたいな。
それを花火のプログラム前にマイクで
読んでくれる。すごいユニークですね。

他の花火大会に比べ、観覧者が参加できる
数少ない大会。個人的にはアリです。

イベント4-2

舞台は山陽オートの近くにある埴生漁港。
せっかく漁港があるので船も写真に入れたい。

と思ったけど、みんな考えてることは一緒。
船の周囲には高級機材を揃えたカメラマンが
ズラリと並んでおります。僕は安い機材(笑

ぶっちゃけ花火なんて安い機材でも十分撮れる。
なので背景とか構図には少しでもこだわりたい。
でも考えることが一緒。難しいね(・。・)

イベント4-3

イベント4-4

イベント4-5

花火を普通に撮るなら設定は簡単。
三脚を使う場合は
ISO = 100くらい
F値 = 8~18くらい
SS = 5~10秒
WB = お好みで♪

手持ちはまともに撮れませんけど
設定を色々変えるとまた面白い。
ISO = 1000前後
F値 = 2~4
SS = 1~1/320前後

普通に撮るのが飽きたという方は
手持ちで色々してみると面白い・・・
というか他の人と違う写真が撮れるはず。

上の写真は船に夫婦が座っていたので
ダッシュで背後へ回り、シルエットにした。
残念ながらシャッターチャンスは2度ほど。
(僕が後ろにいるのに気付いて移動してた)
なんかすいません・・・・

イベント4-6

イベント4-7

イベント4-8

この日は風が弱く、すぐに煙で撮れなくなる。
なのでプログラムの開始直後が勝負なのだ。

ちなみに使用したレンズは35mm単焦点。
価格.comで2万円くらいで買えるレンズです。
カメラも中古で買った安いD7000だけ。
それでもこれくらいの写真は簡単に撮れます。

ズームレンズより焦点距離が決まってるだけに
不利な点はありますが、僕には関係ない。

イベント4-9

イベント4-10

イベント4-11

ホワイトバランスを変えて現像してみた。
肉眼で見た色とけっこう違いますけど
これはこれで良い。見た目は(・。・)
いま気づいたけど、めっちゃ傾いてるな。

イベント4-12

と、言うことで小野田のお祝い夢花火。
いかがだったでしょうか(^。^)

花火は夏の風物詩だけど、秋も悪くない。
ただかなり寒いので、上に羽織る服を2着
ほど持ってきてた方がいいでしょう。

ついでに言うと、花火のプログラムの間が
けっこう長いので(メッセージを読むので)
僕みたいに独り参加はヒマかも知れない。

でも迫力は宇部とか萩に負けてなかった。
ぜひ来年も参加しようと思います。
もし見かけたら声をかけて下さい。

(・。・終)

2 Responses

  1. はじめまして。素敵なお写真ですね。2人のシルエットが映っている写真のロケーションは本部席あたりでしょうか?私も撮影に行ったことがありますが、この写りの場所は見つけられませんでした^^; 返信頂ければ幸いです。

    1. はじめまして、コメントありがとうございます。この場所は本部からは遠くないと思います。真後ろが臨時駐車場?になってました。どう説明すればいいのか・・・ちょっと難しいですね、すみません(>。<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)