最近のお気に入りスポット本山岬公園で夕陽を撮ってきた!

最近のお気に入りスポット本山岬公園で夕陽を撮ってきた!

雑記22-1

雑記22-2

こんばんは(・。・)

今日は山陽小野田市にあります本山岬公園で夕陽を撮ってきましたのでアップしようかなと。ここは潮干狩りでも有名なスポットでして、潮の満ち引きを狙ってくる人もいる。夕陽の観賞スポットとしては近くに焼野海岸があるので、みなさんそっちに行くようでカメラを持った人はあまりいない。

最近の僕は焼野海岸よりも本山岬公園の方に足を運んでいる。ぶっちゃけ何回通ったか分からない。空は焼けることはあっても良い雲に出会えず・・・。ただ風景写真で大切なのは「足繁く通うこと」ですからね。これくらい当たり前か。

なかなか良い雲が出てくれた!

雑記22-3

雑記22-4

で、今回はたまたま良い雲が出てくれたのでようやく公開するときがきたのです。いやー風景写真はあまり撮らないんですけど、これはテンション上がりましたね。風が強かったので1分後には雲の形が変わってるし。時間との勝負なので大忙しでした。

もちろん三脚なんて使ってません。手ブレごとき気合でなんとかする。それより手持ちでフットワークを軽くして、色んな場所や角度から撮りまくる。ここめちゃめちゃ足場悪いのに、2時間近くは休むことなく動き回ってましたよ。でも興奮して撮影中は全然疲れなかった。

雑記22-5

本山岬公園の見どころは「くぐり岩」と呼ばれる岩。海食によって岩が縦方向に開いている。今回撮った写真の副題にもなりました。もちろん全ての写真に入れたわけじゃないけど、せっかく岩の間から夕日が見えるのでなるべく入れないとね。

今回はD7000に18-55という激安ズームレンズを使用。設定はF8前後、シャッタースピードは200~400くらい、ISOは320前後かな。ホワイトバランスはマニュアルで設定しておいたものとか。まぁ設定は色々やったから覚えてません。

潮位情報も調べておこう。

雑記22-6

空が焼けやすい条件は色々とあるようだが、本山岬公園で夕陽を狙うなら「潮位情報」も調べておくべし。満潮になると足場が少なくなり、干潮になると海面に景色が映りにくい。上の写真は満潮から干潮になるときに撮った写真で、このタイミングは海水が岩場に残るので反射が撮れるのでオススメです。

ただ夕陽の時間帯に潮が引いて、なおかつダイナミックな雲が出現し、なおかつ空が焼けて、なおかつ仕事が休みである、そんな条件が整うことはまずないだろうが、僕はこれからも足を運び続けたいスポットです。

ポートレートも撮ってみたい。

雑記22-7

もちろん風景写真だけを撮りに来ているのではなく、僕は常にロケハンしているカメラマンです。人物撮影がメインというか好きなので、いつかここでもポートレートを撮ってみたい。たぶんドラマチックな撮影ができるはず。上の写真のモデルは僕です。セルフで撮りました。

駐車場から足場の悪い細道を10分ほど歩きますので、気軽に来れる場所でもないんですけど、良かったらここでどなたか僕とポトレ撮影しましょう!ご連絡待ってます(笑

以上(・。・)

2 Responses

    1. これは運の要素が強いけどな(・。・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)