【色温度って何?】ホワイトバランスを調整して写真のイメージを変えてみよう!

【色温度って何?】ホワイトバランスを調整して写真のイメージを変えてみよう!

写真撮影を行うにあたって光は欠かせない要素であるということは、多くの人が理解していると思います。
光はそれぞれ「色温度」を持っているため、色温度を操れば自分の好きなように写真のイメージを変えられるようになるのです。
この記事では、色温度とホワイトバランスの調整について説明しましょう。

色温度とは

色温度は光の持つ色味を数値化したもので、「K」(ケルビン)という単位で表します。
この図の通り、色温度が低い光は赤みがかっており、高い光は青みがかった光だということです。

白いものを白く写すため

スタジオ撮影でもしない限り、どのような色温度の光源のもとで撮影を行うことになるかは分かりません。
例えば、白いお皿があるとします。
先ほどの説明を参考にすると、2000Kの光源の下で撮影したお皿は赤みのある色になり、8000Kの光源下で撮影したお皿は青みがかった色のお皿になってしまうのです。

しかし、それでは「白いお皿を白く撮影したい」と思った時に困ってしまいますね?
このような時に活躍するのがホワイトバランスです。
ホワイトバランスを調整すれば、白いものを白く写せるようになるのです。

調整方法

ホワイトバランスは光源に左右されずに「白いものを白く」写すために使用します。
その方法は大きく分けて自動でカメラがこの作業を行う「オートホワイトバランス(AWB)」と用意されたホワイトバランスから自分で最適なものを選ぶ「プリセットホワイトバランス」の2つあります。

プリセットホワイトバランスの設定はお持ちのカメラによって用意されている種類と数が変わりますが、多くの場合は下記のようになります。

・AWB カメラが自動的にホワイトバランスを調整
・晴天 晴天の屋外での撮影に適しています。
・日陰 晴天の日陰での撮影に適しています。
・曇天 曇りの空の屋外での撮影に適しています。
・電球 白熱電球下での撮影に適しています。
・蛍光灯 蛍光灯での撮影に適しています。

晴れた日の室内で撮影したドライフラワーの画像でホワイトバランスを調整し、その違いを比べてみましょう。

撮影時の光源が太陽光に近かったため、この画像ではオートホワイトバランスとプリセットホワイトバランスの晴天が似たような仕上がりになっており、白い花瓶や壁を白く撮影できています。撮影時の光源によって仕上がりが大きく変わりますので注意してください。

この画像でも分かるように「白いものを白く」写したいのであれば、基本的にオートを選択しておけば良いことが分かります。

手動で設定する

先ほどのプリセットホワイトバランスの中には、自分でケルビンの数値を入力して色温度を調整する方法も選択できます。
用意されたプリセットホワイトバランスよりも細かく色温度の調整がしたいという時、あるいは思い通りの色を出したいときは自分で調整してみるもの良いでしょう。

ここで注意してほしいポイントは、最初に紹介した色温度は光源の色温度であり、カメラで調整する色温度はその反対になるということです。
つまり「青みがかった光源下での撮影なので、赤みを足す」ような形で、その場の光源と反対の効果を設定する必要があるのです。

そのため、設定するケルビン数が低いほど写真に青みが足されていき、ケルビン数が高いほど写真に赤みが足されます。

写真のイメージを操る

色温度の調整は「白いものを白く」写すために行うとお伝えしましたが、それ以外にも光源に関係なく自分の好きなイメージを写真に残すために利用できます。
例えば温かみを強調したい時には赤みを強くし、シャープな雰囲気を作りたければ青みを加えるなどが代表的な例です。
同じ風景を撮影しても色味を変えるだけで、写真の雰囲気が大きく変えられると思います。

現像ソフトで調整

今まではカメラ側でのホワイトバランスの調整を書きましたが、撮影後に現像ソフトで調整することも可能です。おそらく多くの方がライトルーム(Lightroom)というソフトを使用し、細かく調整していると思います。
レタッチとも言いますが、撮影後にソフトで調整する場合はJPEGではなくRAWファイルで保存しておきましょう。RAWデータなら画質を劣化させることなくホワイトバランスを調整することができます。一方でJPEGで撮影したデータをレタッチしてしまうと画質が劣化するというデメリットがあります。

まとめ

色温度を操る方法を説明いたしました。
色温度を自由に調整できるようになると、撮影できる写真の幅が広がりますし、自分のイメージを形にしやすくなります。
この記事を参考に色温度を調整して、自分好みのイメージの写真を撮影できるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)