神戸ルミナリエ with えりカカオ~【前編】

神戸ルミナリエ with えりカカオ~【前編】

山口県から遥々神戸へ。

イベント5-1

こんばんは、涼太です(・。・)

いつも山口県の写真ばかりなのですが、こないだちょっと神戸まで遠征してきたので、初めて県外の記事を書いています。わざわざ新幹線で来た理由は神戸ルミナリエに行くこと。おそらく山口県民でも知ってる人は多いだろう。

神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災の犠牲者の「鎮魂と追悼」の意を込め、被災した地の復興や再生を祈り、神戸中心部への集客を目的としたイベントで、2014年の今年は20回目を迎えます。テーマは「神戸 夢と光」。つまり光の祭典というわけです。

僕は昔に1度行ったことがあり、毎年この時期になるとルミナリエのことを思い出し行きたくなるんです。でも山口からわざわざ一緒に行く人なんているわけないし、なかなか機会がなかったのですが、先月の中旬にツイッターで「来月はルミナリエか~行きたいなぁ~」なんてつぶやいたら、神戸に住む1人の女性から「案内しますよ~」的なお返事をいただきまして。

こんなチャンスは2度とないかも知れませんし、せっかくなのでお世話になることにしました。ということでタイトルは「神戸ルミナリエ with えりカカオ」。ちなみにこの記事はルミナリエについてではなく、メインのつなぎとして神戸を少し観光したときのもの。

案内人のえりカカオさんです。

イベント5-2

本日お世話になる、えりカカオことえりちゃん。ツイッターでは何度も絡んではいるものの初対面だ。彼女のツイッターはコチラ ⇒ e_rika0810

初めて彼女を見たときの印象は
・髪サラッサラやな。
・肌モッチモチやな。
・めっちゃ癒し系やな。
つまり容姿端麗のJD(女子大生)だ。

僕「髪サラサラですね~触っていいですか?」
え「いいですよ~。」
僕「うわっ、めっちゃサラサラですね!」
え「そうですか~普通ですよ~」
僕「めっちゃ手触りいいです~グヘヘ。」
え「…..。」

と、出会って10分でセクハラ行為をしてしまったわけですが、そんな彼女にルミナリエ点灯まで神戸を案内していただくことに。あまり時間もないので遠くまでは行けませんが、近くの観光地である「南京町」「神戸ポートタワー」へ行ってみます。

まず最初は南京町へ。

イベント5-3

イベント5-4

まず初めにやってきたのは南京町。名前でだいたい想像できるが、横浜中華街や長崎新地中華街と同じチャイナタウンです。200mほど続く通りには露店が何件も並び、お昼も過ぎてるというのに活気がある。日本国内とは思えない独特な空間である。

みんな露店で中華まんやラーメンなど麺類を買い、食べ歩きしている。なるほど、ここはそうゆう場所なのか。人通りも多く、ポイ捨てで汚い印象を受ける人もいるかも知れませんが、ゴミは1つも落ちてません。さすがマナーがよろしいようで。

イベント5-5

中心部には南京町広場(写真上)と呼ばれる広場があり、あずやまが設置してある。観光客向けの広場なのか分かりませんけど、記念写真を撮る人が多かった。ってゆうか平日の3時にこの人出はやばいでしょ。どれだけ売上あるんだよって感じ。

続いて神戸ポートタワーへ。

イベント5-6

続いてやって来たのが、南京町から歩いて15分の場所にある神戸ポートタワー。高さ108m、世界初のパイプ構造になっているらしい。真っ赤のタワーはなかなか存在感ありますな。

イベント5-7

イベント5-8

イベント5-9

入場料を払いさっそく展望台へ。なるほど、カップルご用達のスポットというわけね。僕たちが入場したのは4時くらいだったので、夕陽が見えるか見えないかの時間帯。たぶん夜景とかヤバイんじゃないかな。どうせカップルばかりだろうけど。

山口県民の僕にはどれがどれだか分からないが、えりちゃん曰く、あの観覧車のある場所はモザイクガーデンと呼ばれるミニ遊園地らしい。さすが神戸3年目のJD。詳しいようで。

イベント5-10

イベント5-11

んで、ポートタワーの展望台は1~5階に分かれてて、1階にはスカイウォークと呼ばれる透明な床がある。高所恐怖症の僕には到底立てないわけだが、手すりにすがり何とか撮影に成功。これはいい思い出になりそうですわ。

僕「割れたら絶対死ぬわ。」
え「あ、私は大丈夫。」
僕「?」
え「あのパイプに引っかかりそう。」
僕「…そろそろ降りようか。」

再び南京町へ。

イベント5-12

イベント5-13

ルミナリエ会場まで夜の南京町を通ることに。夜の方がやっぱり活気があるようです。ちなみに露店でどんなものが売ってるかというと、
・中華まん
・小龍包
・ギョウザ
・ラーメン
・春巻き
いわゆる中華の点心と呼ばれるものが多い。もちろん具材は北京ダックやフカヒレ、さらには神戸牛を使ったものなど多種に及ぶ。値段はピンキリでしたけど、1000円もあればお腹イッパイになるんじゃないかな。

僕たちは「中華まん」と「焼き小龍包」を食べましたが、めっちゃ美味しかったです。たぶんどの店の商品もそれなりの味だと思われる。神戸に来たときはぜひ立ち寄って下さい。

イベント5-14

イベント5-15

イベント5-16

いやー山口県では見られない光景ばかりで、もっと写真が撮りたかったんですけど。なるべく自分の目に焼き付けておこうかと思いまして。そして、この記事を書いてるときに思い出したんですけど、えりちゃんが中華まんをほおばる姿はホントに可愛かったです。

ということで、「神戸ルミナリエ with えりカカオ」の前編をお送りいたしました。次回はメインである神戸ルミナリエの様子をご紹介いたします。

(・。・終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)