※クリックで拡大されます。

全体

navigate_before
navigate_next

梅の季節は周囲の木々に葉が少なく
やや寂しい印象になってしまいます。
そのため背景にこだわる必要があり。
例えば歴史的建造物を背景にするなど。

灯篭など何かしらのアクセントは欲しい。
とにかく梅以外の被写体も探すこと。

ホワイトバランスを調整して撮れば
ちょっと変わった見え方になります。
ケルビンを変えたり蛍光灯にしたり。

広角でローアングルから狙ってもいい。
全体を撮るなら10mm~35mm。
逆に背景を整理したい場合は望遠。
(焦点距離は300mmでも何でも)
よりシャープに映すために三脚は必須。
咲き方によっては脇役にしても良い。

設定はその日の状況によるが
絞り=10前後
シャッタースピード=400前後
ISO=320前後
で調整している(僕は)。

全体

navigate_before
navigate_next

接写はマクロレンズが撮りやすい。
(個人的に)

ただ太陽光が枝の隙間から降り注ぎ
花に疎らにあたることがあります。
その場合はレフ板で光を和らげたり
直射日光を避けるような工夫が必要。

撮り方の基本は前ボケと背景ボケ。
設定もF値を下げ開放がいいと思う。

絞り=2~4くらい
シャッタースピード=1000前後
ISO=低め
で調整している(僕は)。

太陽に透かしても玉ボケも良い。
基本的にマクロなら簡単に撮れる。
ただできるだけシンプルにすること。
個人的に2~3種類以上の色は
入れない方がいいかなと思ってます。

横構図で枝が空に広がる流れを表現。
枝垂れ梅は縦構図で流れを表現する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)